【よう実9巻】あらすじ&感想/ついに一之瀬がーーー!!!

みなさん、こんばんは!
(この記事を書いたのが深夜だったので。お昼の方は、こんにちは!)

待ちに待った「ようこそ実力至上主義の教室へ」第9巻が発売されました!!

本当は発売日当日に購入して、その日のうちに記事を書きたかったのですが、
如何せん、地方の本屋には必ずしも発売日には品出しされないんですよ~(泣)

 

とまあ、私のことはどうでもいいでしょうから、本題に移りましょうかね♪

衣笠彰梧・トモセシュンサク/ようこそ実力至上主義の教室へ/MF文庫J/http://youkosozitsuryoku.com/graphic/

 

 

まず本編に入る前に、表紙イラストに関して述べたいと思います。

今回表紙を飾ったのは、
Aクラスに所属し坂柳にこき使われている、神室真澄
そして同じくAクラスで、混合合宿では綾小路と同じグループになった、橋本正義

 

共に、【よう実】第5巻の「高度育成高等学校学生データベース」でイラストが公開されていました。

その時はまだ、黒のラインで描かれていただけで髪の色まではわからなかったんです。
だから妄想を搔き立てられ、神室は金髪であってほしいな~と願っていたりしましたね(金髪美少女大好きですので)。

しかし、アニメで2人とも坂柳の取り巻きとして登場したときは驚きました。
まさか、紫でくるとはっ!

そして案の定、橋本が金髪という、、(たぶん金髪だろうとは思っていましたが)

 

はてさて。

一ノ瀬回にもかかわらず、一ノ瀬を差し置いて表紙を飾った2人が本編でどのような活躍・働きを見せるのか?

 

じっくり感想を書きたいのですが、公式Twitterで「ネタバレはダメだぞっ♪」と書かれていたので、
まだ読んでいないという方のためにも、ある程度のネタバレは避けていきたいと思います。(ガマンだ!泣)

帆波ちゃん回、ご降臨

先ほども言った通り、9巻は一ノ瀬帆波を中心として物語が展開されていきます。

以前から少し黒い部分を漂わせていただけにどのような闇を抱えているのか、
ちょーー気になりますね!

 

 

一ノ瀬帆波の独白

今回もやはり冒頭はこれ。

「独白シリーズ」も今回で8回目となりました!

ここでは、
自らが犯した『過ち』に対しての後ろめたさや葛藤が垣間見れる場面、
そして、一ノ瀬を自分のおもちゃにしようと考える南雲が同時に描かれています。

この悪魔のささやきから、どんな展開に転がっていくのでしょうか。

 

そして、次は誰が独白するんでしょうか!?

 

 

 

生徒会長の意向

南雲雅と坂柳有栖の1対1による対話が描かれています。

2人の会話シーンは初めてで、坂柳がこれから一ノ瀬に対してすることを報告しに来た、
というような内容です。

とは言ってもただの会話ではなく、両者とも底のしれない人物ですから。
第三者からすれば、相手の考えなどを読んでいる、という感じにも見えますね。

 

 

変わっていく関係

ちょっとネタバレしますが、
坂柳がいきなりCクラス(綾小路のクラス)に来て、山内に気がある?みたいに人気のない所へ連れ込む様子が描かれています!?

この坂柳の行動の真意は最後までよくわからなかったんですが、
確かに言えることは、山内のことが好きだという感情は全くもって存在しないということですね
(山内ドンマイ)

 

 

変わらないつもり

この章では、8巻に引き続き『みーちゃん』こと、王美雨(ワンメイユイ)の秘められた想いが告白されます。

みーちゃんが想いを寄せている異性とは!?

 

登場したときはかなり前のめりで読んでいましたが、好きな奴が「あいつ」だとわかって一気に萎えましたね。

この爽やかイケメンがヽ(`Д´)ノプンプン!!
(これ、もう答え言っちゃったかな?)

 

 

一ノ瀬の秘密、神室の秘密

『一ノ瀬帆波は犯罪者である』

という、いたずらが起こる中、神室が綾小路の部屋へ押しかけ、一ノ瀬に関して取引をするシーンが描かれています。

交渉に際して、神室が坂柳に掴まれている弱みを綾小路に暴露しますが、正直予想外でしたね。
もう少し面倒くさいことが絡んでいるのかと思っていた分、不意を突かれた感じです。

そうは言っても、なかなかやる女子学生であることに変わりはありませんがね。

 

 

蔓延する噂

ちなみにですが、今回の話は2月が舞台となっています。

 

そう、2月です。

 

2月と言えば、もうあれしかないでしょう!

バレンタインデー💕💕!!

 

みなさんは誰がチョコをくれると思いましたか?

もう最初から渡してくる相手は決まっているようなものなんですけどねw
(メインヒロインと化してきたあの人です)

今回も程よいツンデレっぷりが見れて最高でしたね~

 

曖昧なもの

「火のない所に煙は立たぬ」とも言いますが(本編にも出てきました)、
色恋沙汰で綾小路にあらぬ噂が立ってしまいます。

その噂の対象となったツンデレちゃんの反応ときたら、たまりませんわ~

ただその部分が1ページで終わらせられていたのが残念です↷
どうせなら、そのやり取りを3ページくらい使ってほしかったですね。

 

そして、この噂の発端を知った時は「マジかよ・・・」と発してしまいましたね。

 

 

すべてのカラクリ

坂柳の一ノ瀬潰しに決着がつき、綾小路が裏で工作した全貌が明らかになります。

今回の話は1、2週間の期間で繰り広げられましたが、綾小路の行動のはやさに脱帽ですね。
そもそも、あんな解決策を考え付くだけですごいのに、それを考え付くはやさが尋常ではありません。
常に先手先手を考えるということは並大抵のことではないでしょう。

こういった能力こそ、『ホワイトルーム』で培われたものなんでしょうな。
私もホワイトルームで育ちたかったな。そしたらモテモテになれたのに(顔は考えないで)

 

 

復帰

一連の騒動が解決し、新たな一歩を歩んでいくことになった一ノ瀬。
そんな一ノ瀬と綾小路が対話するシーンが描かれています。

 

そして、こここそが【ようこそ実力至上主義教室へ】第9巻のメインディッシュとなります!!

 

他人とは違う形で自分を支えてくれた綾小路に対して一ノ瀬が何を想うのか?

そんなのは言わずもがなですよね。

そして、バレンタイン!

これはもうウハウハが止まりませんな!
この数ページだけ何度も読み、何度も想像しました(もちろん綾小路の立ち位置には自分をw)

 

これから一ノ瀬が綾小路をどのような関係を築いていくことになるのか!?
妄想が止まりません!!

 

 

さいごに

今回も心高ぶる内容で大満足でした。
みなさんはどうでしたか?

おそらく1年生最後の特別試験が繰り広げられる【よう実】10巻が今から待ち遠しいです。

9巻の表紙情報などは私的理由により書くことができませんでしたが、
10巻では即掲載したいと思います。(なんか衣笠彰梧さんと同じようなこと言ってる気が)

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. village より:

    一ノ瀬は間違いで
    一之瀬ですよ。

    • guren より:

      コメントありがとうございます。それと返信が遅くなってすみません。
      「アニ界」の管理人グレンです。
      先日「一ノ瀬」ではなく「一之瀬」だというご指摘をいただいたと思います。
      ほんとそうでしたね。
      お恥ずかしい限りです。
      今後も「アニ界」をよろしくお願いします!