【バトルアニメ】大迫力な戦闘シーン満載!おすすめランキング35選【2020年版】

こんにちは、管理人のグレンです!

突然ですが、アニメを見る時に求めるものって何ですか?

アニメのジャンルにもさまざまあり、ラブコメアニメ、日常系アニメ、異世界ファンタジーアニメ、ホラーアニメ、ギャグアニメ、ロボットアニメがありますよね。

そのアニメのジャンルによって求められるものはそれぞれ違いますが、多くのアニメでバトルシーンがあります。日常系アニメなどにバトルシーンが含まれるのはなかなかありませんが、今ではラブコメにだってバトルシーンはつきものです。

何でバトルシーンがあるのか、そりゃ激しいバトルシーンがあった誰だって萌えますよね!?

男でも女でも一度はあんな強さに憧れを抱いたはず!

その憧れを失わないよう、バトルアニメを見続けていってほしいと思います。

ということで、そんなあなたのために見て損しない最高のバトルアニメをご紹介します。

35. 魔法科高校の劣等生

佐島 勤/魔法科高校の劣等生/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/https://mahouka.jp/special/gallery.html

科学の進化によって魔法が実現可能なものとなった社会。その中で『魔法師』を育成する魔法科高校に入学するも『ウィード(雑草)』と呼ばれる劣等生として判断された主人公が、さまざまな事件で最強っぷりをいかんなく発揮する作品。

とにかく主人公・司波達也の強さが尋常じゃないです。
できる魔法の種類にはかなりの制限がありますが、それらの魔法がとんでもないです。代表的なものに『質量爆散(マテリアルバースト)』というものがあり、対象物を跡形もなく消し去ります。

他にも色んな魔法を操ることができ、常人なら大した魔法じゃないと考えるものでも、達也が使用すれば最適のコンディションで最強の武器になるんですから、すごいですよね。

関連ジャンル 主人公最強アニメ恋愛・ラブコメアニメ

 

34. 甲鉄城のカバネリ

荒木哲郎/WIT STUDIO/https://kabaneri.com/package/01/

『カバネ』と呼ばれる怪物が跋扈する世界で、『カバネ』から避難、撲滅を目指し戦う装甲蒸気機関車『甲鉄城』の乗組員とカバネの力を吸収した『カバネリ』たちの物語。

ゾンビアニメの中でもかなりおもしろかったです。『カバネ』というバケモノによる恐怖で、主人公の力を恐怖と感じる者も多数存在し、人間味溢れる描写がされています。

メインヒロイン・無名も『カバネリ』の1人で、圧倒的身体能力でカバネを倒していきます。しかし、この作品で一番注目してほしいのは主人公の戦闘スタイルですね。無名のようね身体能力は持っていませんが、『ツラヌキ筒』と呼ばれる武器での近接戦闘は特にかっこいいです。

関連ジャンル 神アニメ

 

33. 機動戦士ガンダム00

矢立肇・富野由悠季/機動戦士ガンダムoo/サンライズ/https://twitter.com/GEKI_GUNDAM00/media

エネルギー源である宇宙太陽光発電システムと軌道エレベーターの独占をめぐって各国が対立する中、独立組織として武力介入する『ソレスタルビーイング』の活動を描いた物語。

歴代ガンダムの中でも一番かっこいいんじゃないかと思っています。登場人物のルックスもそうですが、ガンダムの戦闘シーンもスピーディーかつ繊細で、迫力があります。

特に、物語の途中から登場する『トランザム』というシステムを使ったときのガンダムの動きが超すごいです。全身ピンク色になって、動いたら残像が残るほど速くなります。後半ではトランザムの貴重性がなくなるくらい敵も使用してきますが、その中でも抜きん出る強さの主人公が際立っていいですね。

単なるバトルアニメに終わらず、社会事情も含まれた作品になっているので、勉強にもなると思います。

 

32. 文豪ストレイドッグス

朝霧カフカ・春河35/文豪ストレイドッグス/KADOKAWA/http://bungo-stray-dogs.jp/tv/goods/

歴代の文豪たちがキャラクター化され、それぞれが特有の異能の力を操る世界を描いた物語

物語が始まった時は主人公・中島敦はあまり強くないイメージでしたが、徐々に力を駆使できるようになり、事件を解決してしまうくらい成長します。

しかし、個人的には主人公よりも他の文豪たちの方が個性もあって好きですね。

例えば、1話から登場する太宰治ですが、初登場が川で自殺しかけて流されているところを敦に助けられる、というおもしろいものでした。戦いにおいてはかなりの実力者で、以前は裏の組織の一員だった、というような色んなギャップがあっておもしろいですよ。

 

31. いぬやしき

奥浩哉/いぬやしき/講談社/http://www.inuyashiki-project.com/comics.html

年の割にかなり老けた爺さんがある日公園に立ち寄ると、凄まじい光に包まれ死んでしまう。しかし、宇宙人になおされ気が付くとサイボーグの体になっていた。そしてもう1人、その日公園にいた少年はその力を利用して人殺しを始める。病気にかかっている人々を助け、少年を止めるべく立ち上がった1人のじいさんの物語。

個人的には、最近のアニメの中では一番おもしろかったです。
何事に対しても積極的に話せないじいさんで、家族からも邪魔者扱いされており、ただのうのうと生きているだけでした。それが強大な力を手に入れ悪事に利用しようとせず、誰かのために動く姿はかっこいいです。

しかし、そのような善意ある行動をしていることを家族に知られて家族の対応が変わるところは、なんか調子のいい家族で好きになれませんねm

サイボーグ同士が戦うシーンもあり、手で鉄砲の形を作って「バン」というだけで目に見えない銃弾を撃つことができるのはすごいですね。その他にもCGを取り入れることで、よりリアルな戦闘シーンが描かれています。

 

30. テラフォーマーズ

貴家悠・橘賢一/テラフォーマーズ/集英社/http://terraformars.tv/bd/

地球で感染が拡大している不死の病を治すためのワクチンを取りに火星に行き、そこで生息する発達したゴキブリ『テラフォーマー』と戦っていく物語です。

最初この作品を知ったときは、うぇっ!って思いましたが、見ていると妙に愛着が湧いてくるんですよね。
気持ち悪いんだけど、どこか愛らしい、みたいな?

一番驚いたのが、大きくなったゴキブリの運動能力です。

普段、私たちは何も考えず、ただただぶっ殺しますが、その立場が真逆になったと思うと恐怖です。

音速くらいのスピードで動ける奴らを止めるなんて、不可能な話です。

それに立ち向かっていく人間たちの強さにも、感動しました。

 

29. 僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア
堀越耕平/僕のヒーローアカデミア/集英社/「ヒロアカ」公式サイト

『個性』という名の超能力を持つ人間が大多数を占める世界で、悪を立ち向かう『ヒーロー』になるため『ヒーロー』育成の名門『雄英高校』に入学した元・無個性の緑谷出久の物語。

元々無個性でヒーローになる夢を諦めかけていたところに“平和の象徴”と呼ばれるヒーロー『オールマイト』に出会い、彼から力を授かりヒーローを目指していきます。

最初から最強ではなく、全く強くない主人公が成長していく姿が描かれており、すごく頑張れる気にさせてくれます。

主人公が受け継いだ『ワン・フォー・オール』という力は超人的肉体を手に入れることができ、作中ではまだ未発達ですがあらゆるものをぶっ飛ばします。”個性”を出したときの破壊力は必見です。

 

27. ドラゴンボール

鳥山明/ドラゴンボール/集英社/『DB』公式サイト

主人公孫悟空と仲間たちがあらゆる敵と死闘を繰り広げるバトルアニメです。

言わずと知れた名作ですね。とにかく殴り合うアニメです。
髪の色が金髪、赤、青になる主人公たちですが、それぞれの色の時の表情を見るのもおもしろいですよ。
タイトルである「ドラゴンボール」の登場がだんだん少なくなっているような・・・
ある本によると、かめはめ波は5年間気をため続ければ打てるそうです。

 

26. アルスラーン戦記

荒川弘・田中芳樹/アルスラーン戦記/講談社/http://arslan.jp/2/products/bddvd_01.html

パルス王国は別国との戦いで、内通者の手により敗戦してしまう。その戦いに参戦していたアルスラーン王子は武将ダリューンと共に生き延び、国復権のために立ち上がる物語。

現実感あふれる戦いで、歴史上の戦いで実際に使われていそうな兵法も登場します。また、ダリューンの戦闘シーンは必見で、槍を用いた戦いはとにかく熱い!!無敵とも言える強さで敵を屠っていきます。

本作の主人公はアルスラーン王子で白兵戦などにはあまり参加しませんが、どんどん頭角を現していき、国を統べる王に成長していきます。戦いと政治が入りまじる内容で、さすが荒川弘と言ったところですね。

 

25. ソードアート・オンライン

川原礫/ソードアート・オンライン/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/https://www.swordart-online.net/SAOA/

SAO(ソードアート・オンライン)』と呼ばれるバーチャル仮想ゲームに閉じ込められ、ゲームをクリアしなければ生きて戻れない、というデスゲームをすることになった主人公の物語です。

主人公最強系で、とにかく無双しまくります。

主人公・キリトの格好もカッコよくて、全身黒ずくめで、剣も真っ黒です。

物語途中で、フロアボスモンスターに運悪く遭遇しますが、『スターバースト・ストリーム』というハチャメチャ技で何とか生き残ります。その時の、1人だけ別格モードがカッコいいです。

関連ジャンル 恋愛・ラブコメアニメラノベ原作アニメ主人公最強アニメハーレムアニメ異世界アニメ

 

24. とある魔術の禁書目録

鎌池和馬/とある魔術の禁書目録/電撃文庫/https://twitter.com/toaru_project

科学と魔術が交差する世界。超能力が科学により解明され、能力を開発を主目的とした学園都市で暮らす不幸な高校生・上条当麻の物語。

主人公は『レベル0』と呼ばれる学園都市では最弱の称号を持った者、いわゆる無能力者ですが、右手に宿した『幻想殺し(イマジンブレイカー)』により学園1位の『一方通行(アクセラレータ)』を倒すほどの実力を持っています。

『幻想殺し』はあらゆる異能の力を打ち消すことができ、こと能力者に対しては無敵とも言える力です。その力を利用して、悪役なら誰でも殴り飛ばします。男でも女でも容赦なく殴るので、理想の男性像かどうかはあなた次第ですね。

『一方通行』は上条当麻や木原は例外ですが、大体の異能力者に対しては無敵の力を持っています。というのも、ベクトル変換が可能で、運動量、熱量、電気量などのベクトルを操ることができ、すべての攻撃を無効化、あるいは倍以上の力で跳ね返すこともできます。

こんな力があれば、そりゃ頭のネジもぶっ飛びますよね。

関連ジャンル 主人公最強アニメ恋愛・ラブコメアニメ

 

23. 東京喰種 トウキョウグール

東京喰種
石田スイ/東京喰種/集英社/「東京喰種」公式サイト

人を食らうことで生きることができる『喰種』が存在する東京。その中で大学生金木研は喰種の1人に襲われるが事故により危機を免れる。しかし、喰種の腎臓を移植され半分人間、半分喰種の存在になってしまう。これはそんな運命を辿ることになった青年の物語。

第1期では大人しく、好青年な印象を受けた主人公でしたが、2期では結構残忍な性格に変わってしまいます。しかし個人的には残忍な性格の方が喰種感が出て好きですね。

時には喰種と戦い、時には人間と戦うなど、敵は一方だけじゃないところが特徴。喰種は体から触手のようなものを出し攻撃することができ、人間は喰種の体から作られた武器を使用して戦います。武器を使ってるとはいえ、喰種相手にあそこまで戦えるのはものや人間じゃありません。

 

22. BLACK LAGOON

広江礼威/ブラックラグーン/小学館/『ブラックラグーン』公式サイト

日本の会社には勤務するごく普通のサラリーマン岡島緑朗は、海外での取引の際、東南アジアの海賊「ラグーン商会」に拉致されてしまいます。ロックこと緑郎は犯罪都市ロアナプラで「ラグーン商会」に加わり、闇に染まっていきます。

ガンアクションアニメといったらこれでしょ!というぐらい、打って打って打ちまくる話です。
二丁拳銃こと「レヴィ」の爽快な銃撃戦は見ていてほれぼれします。

関連ジャンル 神アニメ

 

21. 忍空

桐山光侍/忍空/集英社・ぴえろ/「忍空」公式サイト

忍術と空手を組み合わせた戦闘を行う作品。

戦闘スタイルにも十二の流派があり、技にも忍技や空技があり、登場人物たちが色んな技を繰り広げます。忍空使い同士が争う「忍空戦争」というものがあり、一番隊、二番隊、三番隊で扱う忍空の種類が異なります。どれもかっこいいですよ。

主人公はご覧の通りチビですが、見た目に似合わず元・忍空組一番隊隊長ですごく強いです。

 

20. 七つの大罪

鈴木央/七つの大罪/講談社/https://www.7-taizai.net/bluray/vol1.html

カトリック系の「七つの大罪」を基にした作品で、『傲慢』や『憤怒』、『怠惰』のような号を持った『七つの大罪』が、王国聖騎士や魔人族と戦っていく物語です。

登場人物それぞれが特殊能力的な力を持っており、それが激突するシーンがすごくアグレッシブでカッコいいです。

魔人族の部分が出た時のメリオダスの強さは異常で、漫画の方だと現段階でトップじゃないですかね。

 

19. アカメが斬る!

タカヒロ・田代哲也/アカメが斬る!/スクウェアエニックス/http://akame.tv/story_24.html

帝具』と呼ばれるすごい武器を使って、帝国反逆集団『ナイトレイド』が腐敗しきった帝国に立ち向かっていく物語です。

なんと言っても『帝具』と使った戦闘シーンが魅力的で、特に主人公・アカメが使う『一斬必殺村雨』や、ラバックが使う『千変万化クローステール』はカッコいいです。

ネタばれになるので詳しくは言えませんが、かなり残酷なラストを迎えることになります。

魅力的なのは戦闘シーンだけではなく、OPも神がかってます

雨宮天さんが歌う「Skyreach」のイントロ部分を聞いただけで、「良作決定だな」と確信したほどカッコイイOPになっています。

 

18. 灼眼のシャナ

高橋弥七郎/灼眼のシャナ/電撃文庫/『灼眼のシャナ』公式サイト

自分は普通の人間だと思っていた主人公・坂井悠二は炎髪灼眼の少女・シャナと出会い、既に死んでいたことを知る。それをきっかけに『紅世の徒』と『フレイムヘイズ』との闘いに巻き込まれていく。

シャナたちフレイムヘイズの特徴ある戦闘スタイルがかっこいいです。
シャナは”天壌の劫火”と呼ばれる天罰神と契約しており、炎系の力を駆使して戦います。また、”万条の使手”ヴィルヘルミナ・カルメルは超強力な包帯で敵を拘束したり、攻撃したりします。

フレイムヘイズや敵である『紅世の徒』の中二心くすぐる名前も最高!
フレイムヘイズでいうと、“炎髪灼眼の打ち手”“弔詞の読み手”“万条の使手”“偽装の駆り手”
紅世の徒では、“狩人”“千変”“頂の座”“逆理の裁者”“祭礼の蛇”
などなど、いっぱいありますよ。

物語性は最高ランクで、アニメは3期までありますが一瞬で見てしまうほどおもしろいです。

☞☞【神アニメ】超絶弩級の面白おすすめランキング60選

 

17. トリコ

トリコ
島袋光年/トリコ/集英社/「トリコ」公式サイト

食こそが人の最大の欲となった「グルメ時代」で、美食家トリコは人生のフルコースを探し、料理人小松は彼のパートナーとして最高の料理を提供することを目的に世界を冒険する物語。

食材をテーマにしたとてもお腹が空く作品です。出てくる料理がどれもおいしそうで、特に『センチュリースープ』という幻のスープがすごくおいしそうでした。一口入れただけで顔がただれてしまうほどおいしいスープって、いったいどんなスープなんでしょうね。

バトルシーンも豊富で、正直トリコの『ナイフ』『フォーク』の技を見た時は笑ってしまいました。単純すぎるにもほどがある!

 

16. DARKER THAN BLACK -黒の契約者-

BONES・岡村天斎/DARKER THAN BLACK/https://www.d-black.net/

なかなかミステリアスなダークファンタジーです。

闇で活動する主人公の静かながらも最強な部分が何よりの魅力です。電気を操ることができ、敵の頭に手を当て感電死させるシーンはおぞましくもあり、カッコよくもあります。

上で紹介してきた作品とは別で、活力のある戦闘シーンはありませんが、グイグイと引き込まれるおもしろさがあります。

関連ジャンル 主人公最強アニメ神アニメ

 

15. ワンピース

尾田栄一郎/ONE PIECE/集英社/https://one-piece.com/comicsanime/movie.html

ジャンプを背負うほど大人気の作品ですが、私は今より初期の「ワンピース」の方が好きですね。

長編漫画にありがちな「物語の進行度がダラダラになってしまう」という特徴が、最近の「ワンピース」にも顕著に現れています。
私としては、昔のような爽快な旅をしてほしい分、少し残念です。

とは言え作品自体は素晴らしく、『悪魔の実』の能力については、かなりおこがましいですが、よく考えたなあと感心しています。

個人的には、『ジュラキュール・ミホーク』が一番好きですね。
初登場シーンのカッコよさが今でも忘れられません。

関連ジャンル ギャグアニメ

 

14. 進撃の巨人

諌山創/進撃の巨人/講談社/https://shingeki.tv/season2/product/bd_1.php

言わずと知れた名作です。
壁の中で暮らす主人公・エレンたち人間が、壁の外から来る巨人を駆逐するべく戦っていく物語です。

4年ほど前から日本中で大ムーブになり、圧倒的支持率を集めた作品でもあります。

私がこの作品を読み始めたのが小学校6年生の時で、「行列のできる法律相談所」で紹介されたのがきっかけでした。
紹介されたのが、第1巻で主人公が巨人に食われるという内容だったので、
おいおい、マジかよ!?
と思い、早速書店い行って購入してみました。

知識もさほどない頃に読んだので、すぐ物語に引き込まれていき、気づけば大ファンになるくらいおもしろかったです。

やはりリヴァイ兵士長の戦闘シーンが圧巻で、鳥肌が立つほどかっこいいです。

 

13. 血界戦線

内藤泰弘/血界戦線/集英社/http://kekkaisensen.com/package.html

よく練って作られているなあ、という印象でした。

戦闘シーンもすごくかっこよく、主要人物たち『ライブラ』のみんなが駆使する『血統術』は必見です。

血を使って戦うアニメは他にもありましたが、演出のかっこよさがずば抜けてよかったです。

また、この作品独特のBGMも印象的です。
『ヘルサレムズ・ロット』という不思議な街を表現した、素晴らしい音楽に仕上がっています。

 

12. 金色のガッシュベル

雷句誠/金色のガッシュベル!!/小学館/https://twitter.com/zatchbellbdbox/media

魔物の子ガッシュ・ベルは日本の中学生高嶺清磨とともに魔界の王を決める戦いに挑む、愛と友情のの物語。

小さいころ毎週見ていた私の大好きな作品で、熱いバトルシーンあり、ギャグあり、友情ありの最高の作品です。
パートナーが術を唱え魔物の子が術を発動するというシステムで、さまざまな術が登場します。
バトルシーンはとにかく熱く、年齢関係なく楽しめること間違いなしです!

 

11. ワンパンマン

ONE・村田雄介/ワンパンマン/集英社/http://onepunchman-anime.net/

とにかく戦闘シーンが熱すぎます。

バトルアニメ感満載で、ハイスピードかつ超絶パワーのエネルギッシュな演出になっているので、見た人全員を虜にしてしまう暑さがあります。

主人公がふざけた顔で、本来ならモブキャラ扱いされるような顔ですが、この作品ではそれがピッタリと言えるぐらいギャップがすごいです。
あんな間の抜けた顔でぶっ飛ばされたら、誰だって度肝を抜かれますよ。

気持ちいいくらいの最強っぷりが見たい!という方にとっては、最高の作品です

関連ジャンル 主人公最強アニメギャグアニメ

 

10. キングダム

原泰久/キングダム/集英社/『キングダム』公式サイト

人気上昇中の超王道のバトルアニメです。

舞台は紀元前中国、中華がまだ7か国に分かれていた時代。主人公「信」は下僕の身から大将軍となるため、あまたの強敵と戦っていきます。

アニメ・マンガともに、戦闘シーンがすんごく熱いです。
生死をかける戦いでは、毎回鳥肌を立たさられていますm

信が成長していく姿はもちろんですが、大将軍と呼ばれる人たちの戦いも迫力がすごく、かなり見ごたえがあります。

関連ジャンル 神アニメ

 

9. カウボーイビバップ

矢立肇/カウボーイビバップ/サンライズ/http://www.cowboy-bebop.net/products/index.html

賞金稼ぎを生業とする『ビパッブ号』のスパイクらの活躍を描いた近未来アニメ。

とにかくハードボイルド。主人公スパイクの生き様をぜひ見て欲しいです。
時には全く戦闘をしない回もありますが、それもそれでいいですよ。毎回話が違うので次の話がどうなるのか、全然予想がつきません。

戦闘は超能力などの小細工は一切なし。殴って蹴って撃ってのスタイル。わかりやすくていいですね。

話の連続性はあまりなく、1話1話違う内容の話が展開されます。最初はよくわからず見始めましたが、だんだんのめり込んでいて、あっという間に見終わってしまうほどおもしろいです。

関連ジャンル 神アニメ大人向けアニメ

 

8. コードギアス

世界の3分の1の領土を占める神聖ブリタニア帝国が日本を侵略してから7年が経過。
ブリタニア帝国国王である父から国外追放され死んだことにされた、ブリタニア帝国元王子ルルーシュは、妹ナナリーが安全に暮らせる世界をつくるため、テロリストとしてブリタニアに挑みます。

他サイトのアニメランキングにもトップ3には必ず入るほど人気なアニメです。

本作の主人公ルルーシュは、ダークヒーローという位置づけになっていますが、すべては愛する者のために、という心は真のヒーローに値すると思います。

戦闘は基本的にロボット戦で、ハイスペックでデザインもかっこいいロボット同士の戦いは見ていてほれぼれします。

関連ジャンル 神アニメ恋愛・ラブコメアニメ

 

7. マギ

魔法アニメの中でならトップ争いに入るほど、刺激を受けた作品です。

各国の王たちが、国同士で覇権争いをしており、『マギ』として生まれたアラジン達が、この世界を引っ張っていくリーダーに相応しい人物を決める話です。

漫画を全巻読んだ方であれば分かると思うんですが、物語の主軸がだんだん変わっていきます。
まあ、ここではとにかくアニメのほうだけを扱いたいと思います。

物語を進めていく上で特に重要な存在なのが『マギ』『金属器『ソロモン』『アルマトラン』、そして『』ですが、作者の伏線のギミックがとんでもないです。異次元と呼べるほど、濃い内容になっています。

物語では、魔法に関連した技が多数登場してきますが、使えるようになりたい!と思えるほど、どれもカッコイイものばかりです。

 

6. NARUTO -ナルト-

岸本斉史 /NARUTO-ナルト-/集英社/https://www.shonenjump.com/j/rensai/list/naruto.html#naruto072

里で一番の忍者・火影を目指す落ちこぼれ忍者・うずまきナルトの物語。

私がこれを初めて見たのは高校生の時でした。ナルト自体は知っていましたが、家にケーブルがつながっていなかったのでかなりの出遅れでしたね。

そんな感じでどんなものかと思って見てみたら、とんでもなくおもしろいですね!!

ただの落ちこぼれ忍者だと思っていた主人公が、実は九尾を宿した子どもで、どんどん成長してメチャクチャ強くなる過程を描いており、その度に強敵と戦うシーンは鳥肌もんです。

技もかっこよく、途中から忍術と関係ないようなものまで登場しますが、螺旋丸や千鳥、写輪眼など、中二心くすぐるものでいっぱいです。見ない理由が見当たりません。

 

5. ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

荒木飛呂彦/ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース/集英社/『ジョジョ』公式サイト

それぞれの作品の「ジョジョ」たちが、波紋やスタンドを使い、宿敵ディオや石仮面の男たちと戦う物語です。

こちらも名作ですね。最初にスタンドを使うスターダストクルセイダースを見ましたが、承太郎のスタンド、スタープラチナの圧倒的強さに奮い立てられました。
スタープラチナは基本的に殴る専門ですが、シンプルこそ最強ってやつですね。敵を圧倒します。

関連ジャンル 神アニメ

 

4. 刀語

西尾維新/刀語/講談社 /https://www.katanagatari.com/

「物語シリーズ」を手掛ける西尾維新の作品。虚刀流七代目当主鑢七花は奇策士とがめとともに、伝説の刀鍛冶「四季崎記紀」が作りし完成系変体刀を求め旅をする物語です。

少々かわった作風のアニメですが、見ればハマること間違いなしの作品です。
完成系変体刀保持者たちとの闘いも壮絶ですが、覚醒した七花の強さはすごいの一言です。

関連ジャンル 主人公最強アニメ神アニメ

 

3. ハンター✖ハンター

冨樫義博/HUNTER×HUNTER/集英社/https://www.shonenjump.com/j/rensai/hunter.html

主人公ゴンは父親ジンの職業「ハンター」になるため超難関のハンター試験を受ける。試験に合格したゴンに立ちはだかるのは、数々の念能力者たち。ゴン達ハンターの壮絶な戦いが描かれています。

とにかく念能力がかっこいい!!
ゴンはもちろんですが、他のキャラクターの念能力もかっこよすぎます!私の好きなキャラは幻影旅団のフェイタンです。

 

2. 鋼の錬金術師

荒川弘/鋼の錬金術師/スクウェア・エニックス/『ハガレン』公式サイト

少年エドワードとアルフォンスは亡くした母を生き返らせるために最大の禁忌を犯します。
代償として兄のエドワードは右腕と左足を、弟のアルフォンスは体すべてを失うことになるが、エドはアルの魂を鎧に定着させることに成功。
2人は自分たちの体を取り戻すため、神の物質とされる賢者の石を追い求めます

この作品は私が5歳の時にみたアニメです。
さすがに大きくなった時には内容もあまり覚えていなかったので再度見ましたが、おもしろいですね!

錬金術を使ったバトルシーンを見て何度も真似をし、いつか使えることを信じていましたm

私的に好きなキャラクターは、体をダイヤモンド並みに硬くすることができるグリードです。

関連ジャンル 神アニメ

 

1. キルラキル

TRIGGER・中島かずき/キルラキル/TRIGGER/https://www.kill-la-kill.jp/blu-ray_dvd/01.html

父を殺した『片太刀バサミの女』を探し、『極制服』を来た特殊能力者が階級別に統治する本能寺学園に乗り込む。

服が武器という斬新な作品で、変身した主人公の露出が多いところが特徴です。超短いスカートで上もかなり際どい格好。学園生徒会長も同じような格好で、主人公より露出が多いかもしれません。

バトルシーンも超熱くてかっこいいんですが、変身したときが印象的です。
ポーズを決めて、「神威鮮血!」と言うところがかっこいいです。

絵に癖があるので人によっては抵抗があるかもしれませんが、そんなの気にせず見てください。人と同じように外見だけで判断してはいけませんよ。とても情熱的です。

 

コメント