おすすめアニメ『Another』最恐ミステリーアニメここに見参!

Another

『Another』/綾辻行人/角川書店/『P.A.WORKS』

このページでは、TVアニメ『Another』の紹介をしています。
本ページは、まだ『Another』を見たことがない!という人を対象にしていますが、もう見た!という人にもぜひ読んでもらいたいです。
楽しい時間になってもらえると、とても嬉しいです。

 

 

 あらすじ

”死者”は、誰――?

その学校のそのクラスには、
誰にも話してはならない“秘密”がある――

1998年、春。
夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、
何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。
不思議な存在感を放つ美少女・見崎鳴に惹かれ、
接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。
そんな中、予想もしなかった惨事が!
……この“世界”ではいったい、何が起こっているのか…?    出典:『P.A.WORKS』

簡単に説明すると、

転校したきたはいいが、なにやら不穏な気配を感じるクラス、そして町。
町の中で起こる惨劇と眼帯美少女との間にどのような関係があるのか、謎を解き明かしていくホラーミステリーアニメ

 

作中にグロテスクな表現が含まれているので、見る際は注意してください。
軽くトラウマになるレベルです。

 

 『Another』のここがおもしろい!

 ストーリー性が抜群

まずは、ストーリー性がすばらしいことがあげられます。
ミステリーものはストーリー性があってなんぼのもの。
逆にストーリー展開がよくなかったら、ミステリーとは呼べないでしょう。

『Another』では、徐々に事件が解決されていく流れで、最後まで結末が読めない作りになっています。
視聴者を置き去りにすることなく、かと言って先には進ませない
そういう配慮を感じます。

さらに、生易しい展開にはなっていません
「ホラー」というジャンルを上手く組み合わせた、まさに「ホラーミステリー」という表現がぴったりの作品です。

 

 おぞましい雰囲気の作画

『Another』を怖くさせている要因として、不気味な雰囲気を感じさせる作画も魅力の1つです。

登場人物はカワイイ少女たちがたくさん登場しますが、それが裏目に出てもよくありません。
しかし、その可愛さを不気味に感じてしまうほどの雰囲気を、「絵」によって再現しています

P.A.WORKSが担当してきたアニメはどれも繊細な絵のタッチで描かれています。
その技術を遺憾なく発揮した結果、『Another』がより怖く映るようになっているのでしょう。

夏の海、晴れ渡る空と大きな入道雲
そういう楽しそうな場面でさえ、すごく暗~い印象に移ります

 

 日本のホラー映画を彷彿とさせる

邦画ホラーというと、「見えない何かが常に付きまとっていて、それに恐怖させられる」、そういう内容ですよね。

『Another』も同じようなジャンルで「見えないモノの正体を探っていく」、そういう内容になっています。
しかも、いきなり「うっ!」と驚くようなシーンも見受けられるので注意してください。

 

 

 阿部敦 さん

榊原恒一役を務めている声優・阿部敦さん。
いろんな人気作に登場している方なので、ぜひ知っていてもらいたいです。

阿部敦 さんの主な出演作品

『とある魔術の禁書目録』 上条当麻
『とある科学の超電磁砲』 上条当麻
『バクマン。』 真城最高
『B型H系』 小須田崇
『カードファイト!!ヴァンガード』 雀ヶ森レン
『BLOOD-C』 鞘総逸樹
『Another』 榊原恒一
『はぐれ勇者の鬼畜美学』 海堂元春
『弱虫ペダル』 泉田塔一郎
『ガンスリンガーストラトス』 風澄徹
『だんちがい』 仲野晴輝
『だがしかし』 鹿田ココノツ
など…

 

 

コメント

  1. BrianSox より:

    Thanks meant for giving these types of very good articles.

PAGE TOP