バトルドーム金シンボル攻略|ポケモンエメラルド

こんにちは、管理人のグレンです!

この記事では、ポケモンエメラルド・バトルドームの攻略方法を紹介しています。

銀シンボルと金シンボルを取ったときのパーティー編成が異なりますが、金シンボルを攻略した時のパーティーで行けば銀シンボルも攻略可能です。

また、この記事は

バトルドームで金シンボルを取りたい!
できるだけ簡単に作れるパーティーで攻略したい!

という方を対象に記事を作っています。
参考にしてもらえれば嬉しいです。

1. 対戦ルール

  • 16人のトーナメント戦でバトルが行われる。
  • トーナメントに出場できるポケモンは3体で、実際にバトルするのはその内の2体。
  • どのポケモンを出すかは、次の対戦相手のポケモンを見て考えることができる。まさに戦略を試される施設。
  • 4回勝つと1周が終了。5周目と10周目にはドームスーパースター・ヒースが登場してくる。
  • 「じばく」や「だいばくはつ」「すてみタックル」などでダブルノックアウトになった場合、トーナメントにおける評価が高いチームが勝利となる。

したがって、攻撃力の高い「だいばくはつ」などはバトルドームでは非常に有効的と言えます。
ただ、タイプ相性が悪い相手や「まもる」に気を付けましょう。

 

2. トーナメント評価

  1.  こんたいかいの ゆうしょうこうほ ナンバー1!
  2.  けっしょうまでは かくじつと いわれる チーム
  3.  ベスト3にはいる ちからをもった チーム
  4.  こんたいかい ゆうしょうこうほの 1チーム
  5.  トップクラスの ちからを そなえた チーム
  6.  こんたいかい ちゅうもくの ダークホース
  7.  へいきんより すこし ちからがうえの チーム
  8.  こんたいかいの へいきんてきな チーム
  9.  へいきんレベルの ちからをもった チーム
  10.  へいきんより やや ちからがおちる チーム
  11.  まず1しょうが もくひょうとなる チーム
  12.  1しょうできれば じょうじょうの チーム
  13.  ぜんたいのなかで したのレベルの チーム
  14.  じつりょくは かなりしたのレベルの チーム
  15.  ゆうしょうは かなり むずかしい チーム
  16.  ゆうしょうから もっとも とおい チーム

とりあえず強いポケモンでパーティー編成をしておけば、トーナメント評価は1位になります。

しかし、1位だからと言って勝てるわけではありません。

場合によっては、16位の選手が決勝まで勝ち上がってくることもあります。
周回後半戦になってくると、弱そうな選手が、準伝説ポケモンを使ってくる相手を打ち負かすこともあるのです。

この理不尽な勝負も、バトルドームならでは。

 

3. パーティー編成

A. 銀シンボル獲得パーティー

銀シンボルを獲得したときのパーティーは、ラグラージ・ボーマンダ・メタグロスの3体。「もちもの」や技構成は以下の通りです。

ラグラージ (たべのこし)

  • じしん
  • なみのり
  • れいとうビーム
  • かわらわり

ボーマンダ (きあいのハチマキ)

  • ドラゴンクロー
  • かえんほうしゃ
  • つばめがえし
  • はかいこうせん

メタグロス (ラムのみ)

  • コメットパンチ
  • かみなりパンチ
  • はかいこうせん
  • サイコキネシス

実を言うと、このパーティーですべての施設の銀シンボルを獲得しました。
しかし、金シンボルを取るには編成内容に問題アリ。
さらに、努力値はまったく振っていません。

そのため、金シンボル獲得時にはパーティー編成を変えています。

 

メリット

このパーティーのメリットは、「安定性」にあります。

弱点が草タイプしかないラグラージ、そして高火力なボーマンダとメタグロス。
5周目までの敵なら、なんとかクリアすることができます。

それぞれのポケモンが弱点としているタイプのポケモンが出てきたら適宜入れ替えるなどして、弱点を補うのが賢明です。

デメリット

しかし、このパーティーは「みずタイプ」に弱いことが弱点です。
敵にミロカロスが出てくると、たちまち劣勢に立たされてしまいます。

敵として登場するミロカロスは大抵、「ハイドロポンプ」「れいとうビーム」「ミラーコート」を覚えています。
このミロカロスを1体で抜くとなると、メタグロスで「かみなりパンチ」を撃つしかありません。

しかし、メタグロスは「こうげき」型ですし、ミロカロスは「とくぼう」が高いです。
こちらが攻撃している間に、「ハイドロポンプ」か「ミラーコート」で逆にこちらがやられてしまう可能性があります。

ですから、相手のてもちにミロカロスがいた場合、メタグロスを戦闘にするのがベスト。

 

また、特殊受けできるポケモンがいないのもデメリット。

フーディンやサーナイト、ゲンガーなどの「とくこう」が高いポケモンが相手だと、苦戦する可能性が高いです。

また、特殊型ギャラドス、3色パンチ持ちエスパータイプなども苦手としています。

 

以上のように、安定性や高火力を特徴とするパーティーですが、苦手ポケモンが出ると途端に劣勢に追いやられてしまいます。

以上のことを踏まえると、あまりオススメ出来ないパーティー編成です。
ですが、なんとか銀シンボルを獲得することもできます。

 

ということで、さらにパーティーを強化したいなら、次の金シンボル獲得時のパーティーにすることをオススメします。

 

金シンボル獲得パーティー

金シンボルを獲得したときのパーティーは、サーナイト・ラグラージ・メタグロスの3体。「もちもの」や技構成は以下の通り。

サーナイト (ラムのみ)

  • サイコキネシス
  • 10まんボルト
  • れいとうパンチ
  • めいそう

ラグラージ (たべのこし)

  • なみのり
  • じしん
  • れいとうビーム
  • カウンター

メタグロス (こだわりハチマキ)

  • コメットパンチ
  • じしん
  • つばめがえし
  • だいばくはつ

サーナイト

全ポケモンを育成し直し、サーナイトを投入しました。

これでほぼ完全に「みずタイプ」に対してマウントを取ることができます。
ゲンガーは「シャドーボール」を撃ってきますが、一発では落ちません。
それに対してサーナイトの「サイコキネシス」は、ゲンガーを一発で倒すことができます。

また、かくとう・どくタイプに対しては「サイコキネシス」でワンパンです。

 

ラグラージ

ラグラージは、サーナイトやメタグロスが苦手とする相手にぶつけると有効的。

「ぼうぎょ」と「とくぼう」に努力値を振っておけば、ちょっとやそっとじゃ負けることはありません。私のラグラージは「そうとう ゆうしゅうな のうりょく」で、1つもVがありません。
それでも、耐久力バツグンなので、周回が後半になるほど活躍してくれるはずです。

また「こうげき」力は、無振でも高いです。

 

メタグロス

メタグロスは、完全に「こうげき」特化です。
加えて「こだわりハチマキ」を持たせているので、火力に関しては十分。

またバトルドームでは、「じばく」や「だいばくはつ」などでダブルノックアウトした場合、「トーナメントにおける評価が高いチームが勝つ」という設定があります。

メタグロスの「こうげき」力 + 「こだわりハチマキ」 + 威力250の「だいばくはつ」

いわ・はがね・ゴーストを除いて、この「だいばくはつ」で落とせない相手はいません。

 

また、「コメットパンチ」も2.25倍になるので、かなり強力です。

 

メリット

銀シンボル獲得パーティーのときに苦手としていた相手にも、しっかり対策をとることができます。

みずタイプにはサーナイトを、「こうげき」に力を入れている相手には対抗してメタグロスを、それ以外にはラグラージに相手させましょう。

物理型・特殊型・オールラウンダーと、バランスよく編成しているため、色んな相手に対応することができます。
トーナメントの評価にも「バランスよく ポケモンを そだてている。」と表示されます。

 

デメリット

バトルドームにおいてはかなり強力なパーティーですが、弱点がないわけではありません。

状態異常を狙ってくる相手に対しては、ときどき苦戦するかもしれません。

「ラムのみ」持ちのサーナイトで対応すれば状態異常を治し、かつ特性「シンクロ」で「まひ・どく・やけど」を相手に擦り付けることができます。

しかし、相性が良くなく、状態異常・変化技を多用してくる相手には要注意。

 

「きょうしょ」に当たったら、運がなかったと諦めましょう。

 

4. ヒース戦

4.1 銀ヒース

銀ヒースのポケモン

ラグラージ (きあいのハチマキ)

  • なみのり
  • じしん
  • れいとうビーム
  • カウンター

ボーマンダ (ラムのみ)

  • ドラゴンクロー
  • じしん
  • つばめがえし
  • かわらわり

リザードン (しろいハーブ)

  • オーバーヒート
  • つばめがえし
  • いわなだれ
  • じしん

この中で一番厄介なのはラグラージ。
耐久力が高いうえに「カウンター」を覚えているので、うかつに攻撃することができません。

しかし、こちらの手持ちにミロカロスがいれば2タテすることができます。

 

4.3 金ヒース

金ヒースのポケモン

ラグラージ (たべのこし)

  • なみのり
  • じしん
  • れいとうビーム
  • ミラーコート

メタグロス (せんせいのツメ)

  • コメットパンチ
  • じしん
  • サイコキネシス
  • まもる

ラティアス (カゴのみ)

  • サイコキネシス
  • 10まんボルト
  • めいそう
  • ねむる

こちらの手持ちポケモンによりますが、おそらくラグラージ→メタグロスの順番で出してくるはず。

ラグラージはほぼ必ず「じしん」を撃ってくるので、こちらのラグラージは「カウンター」を返します。
「ぼうぎょ」力次第ですが、一撃で倒すことも可能です。

メタグロスは攻撃技を「じしん」か「コメットパンチ」しか繰り出してこないので、こちらも「カウンター」を返します。

 

「きゅうしょ」に入らなければラグラージ1体で済んでしまうほど、案外あっけないものです。
私は、3回目でようやく勝つことができましたけどw

 

バトルピラミッド攻略記事も書いているので、ぜひそちらもご参照ください。

→→バトルピラミッド金シンボル攻略|ポケモンエメラルド
→→バトルピラミッド金シンボル攻略(6~10周目)|ポケモンエメラルド
→→バトルピラミッド金シンボル-ジンダイ戦|ポケモンエメラルド

コメント

PAGE TOP