【基本情報技術者試験・奮闘記】4日目(データベース・正規化)

これは、1人の平凡学生が基本情報技術者試験(FE)合格を目指して一意奮闘するヒューマンドラマである。

 

事件は起こった。

2020年秋の基本情報技術者試験(FE)の開催が延期になったのだ。

延期が告知されたのは9月18日。

受験日までちょうど1カ月となった時だった。

 

あと1か月ということで、気持ちが引き締まってきた矢先にこれだ。

やはり、コロナの影響は計り知れない。

 

ただ、延期になったことで嬉しい面の方が大きい。

「受かる気がしなかったから、まだまだ勉強できる時間が取れる!」

 

そう、それまで私はFEの勉強をあまりしていなかったのだ。

参考書を1周だけして、「基本情報技術者試験ドットコム」の問題を10%解いただけ。

まったくの初心者が残り1カ月でこの程度しか勉強していないのだから、国家試験であるFEに合格できるわけもないだろう。

今回のFEの延期は、私にとって一筋の光になったのだ。

 

そして今、重い腰を上げ、再びFE合格を目指す。

 

FE合格のために用いる参考書・過去問題集
・ イメージ&クレバー方式 栢木先生の基本情報技術者教室
・ 基本情報技術者試験ドットコム

 

1. 4日目の達成度

4日目に解いた問題
過去問: 10 問 (データベース)
正答率: 60 %

 

10問しかやらなかった。

うーん、このままではあかん!

明日は50問解こう。

 

2. 4日目のポイント(正規化)

「正規化」はややこしい。

過去問の傾向としては、「第3正規化」したときの組み合わせを答える問題が多い印象があります。

しかし、初めのうちは結構つまずきやすい気がします。

 

というのも、どの項目が独立になっていて、どの項目が従属関数になっているのか、分かりにくいから。

受注番号が分かれば、その他のすべての項目が分かりそうなのに….

 

いやいや、本質を見失ってはいけない。

わざわざデータを正規化するということは、データを見やすくしたいんだ

そりゃあ、データの重複があったら見にくいよね。

 

そこで私は思いました。

「番号」とか「コード」って言ってるやつは、「主キー」か「外部キー」じゃねえか!!

 

そうと分かれば、それらのキーに関係のある項目を同じグループに入れてあげればいいだけ。

 

なんだ、正規化って簡単じゃん。

 

4日目の総括
正規化は楽勝

 

令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室

新品価格
¥1,848から
(2020/10/4 12:38時点)

 

コメント

PAGE TOP