【基本情報技術者試験・奮闘記】5日目(データベース・トランザクション)

これは、1人の平凡学生が基本情報技術者試験(FE)合格を目指して一意奮闘するヒューマンドラマである。

 

事件は起こった。

2020年秋の基本情報技術者試験(FE)の開催が延期になったのだ。

延期が告知されたのは9月18日。

受験日までちょうど1カ月となった時だった。

 

あと1か月ということで、気持ちが引き締まってきた矢先にこれだ。

やはり、コロナの影響は計り知れない。

 

ただ、延期になったことで嬉しい面の方が大きい。

「受かる気がしなかったから、まだまだ勉強できる時間が取れる!」

 

そう、それまで私はFEの勉強をあまりしていなかったのだ。

参考書を1周だけして、「基本情報技術者試験ドットコム」の問題を10%解いただけ。

まったくの初心者が残り1カ月でこの程度しか勉強していないのだから、国家試験であるFEに合格できるわけもないだろう。

今回のFEの延期は、私にとって一筋の光になったのだ。

 

そして今、重い腰を上げ、再びFE合格を目指す。

 

FE合格のために用いる参考書・過去問題集
・ イメージ&クレバー方式 栢木先生の基本情報技術者教室
・ 基本情報技術者試験ドットコム

 

1. 5日目の達成度

FE-5days
5日目に解いた問題
過去問: 20 問 (データベース)
正答率: 70 %

 

4日目は過去問を10問しか解かなかったから、明日は50問するぞ!

的なことを言っていたのに、結局20問。

実行力の欠片もない自分に、ただただ情けない想いでいっぱいです….

 

しかし、正答率は70%!

5日間の中で一番の好成績です。

 

それもそのはず。

基本情報技術者試験(FE)は同じような問題が何回も登場するので、後から解いた問題の正答率が高くて当たり前。

 

一喜一憂するのは良くないけど、素直に嬉しいw

 

2. 5日目のポイント(トランザクション)

出典:令和元年度 秋期 基本情報技術者試験 午前 問28

トランザクションの意味する所は理解していたけど、コミットやアボートが何を指すのか覚えていなかったんですね。

間違えました。

 

自分自身の理解のために記しておくと、

  • トランザクション : 一連の処理
  • コミット : トランザクションが成功した後の処理
  • アボート : トランザクションが失敗した後の処理

ということですね。

 

問題に戻ると、まず選択肢から消えるのは「ア」と「エ」。

コミットとアボートは処理の1つですから、その処理が終われば、当然状態は「処理済」となります。

 

残るは「イ」と「ウ」です。

しかし、順番的に「アボート → コミット」はおかしい。

 

だって、コミットは「トランザクションが成功した後の処理」なんだから。

「失敗した後の処理」の後に、「成功した後の処理」を行うのは順序が矛盾していますね。

 

3. 5日目の総括

今回のポイントは、「トランザクションの状態遷移」でした。

各処理の内容を理解していれば、全く難しくない問題ですね。

「トランザクション」に関する問題はよく目にするので、しっかりと理解しておきたいポイントです。

 

5日目の総括
アボート → コミット という状態遷移はありえない

 

4. おまけ

「令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室」なら、今回ポイントだった「トランザクションの状態遷移」についてのわかりやすい図解が掲載されています。

参考書選びに迷っているなら、オススメです。

令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室

新品価格
¥1,848から
(2020/10/4 12:38時点)

 

コメント

PAGE TOP