【基本情報技術者試験・奮闘記】8日目(システム構成要素・キャパシティプランニング)

これは、1人の平凡学生が基本情報技術者試験(FE)合格を目指して一意奮闘するヒューマンドラマである。

 

事件は起こった。

2020年秋の基本情報技術者試験(FE)の開催が延期になったのだ。

延期が告知されたのは9月18日。

受験日までちょうど1カ月となった時だった。

 

あと1か月ということで、気持ちが引き締まってきた矢先にこれだ。

やはり、コロナの影響は計り知れない。

 

ただ、延期になったことで嬉しい面の方が大きい。

「受かる気がしなかったから、まだまだ勉強できる時間が取れる!」

 

そう、それまで私はFEの勉強をあまりしていなかったのだ。

参考書を1周だけして、「基本情報技術者試験ドットコム」の問題を10%解いただけ。

まったくの初心者が残り1カ月でこの程度しか勉強していないのだから、国家試験であるFEに合格できるわけもないだろう。

今回のFEの延期は、私にとって一筋の光になったのだ。

 

そして今、重い腰を上げ、再びFE合格を目指す。

 

FE合格のために用いる参考書・過去問題集
・ イメージ&クレバー方式 栢木先生の基本情報技術者教室
・ 基本情報技術者試験ドットコム

 

 

1. 8日目の達成度

8日目に解いた問題
過去問: 5 問 (システム構成要素)
正答率: 40 %

 

今日は疲れていたので、5問だけ。

しかしそれにしても、ひどい….

今までで一番ひどい正答率です。

 

まあ理由は明確で、覚えていない・理解できていない部分ばかりが出題されたから。

 

何度も出題されているということは、それだけ重要なポイントということですよね。

それが分かっていないというのは致命的です。

 

 

2. 8日目のポイント(キャパシティプランニング)

出典:平成30年度 秋期 基本情報技術者試験 午前 問14

まったく聞いたことがない単語が出てきて、頭の中が「?」でいっぱいです。

でも名称から、なんとなく想像はできそうですね。

 

キャパシティ、つまり

『許容できる能力』を向上させたいので、そのための計画を練りましょう。

ということです。

 

何を許容するかは、対象とするものによって異なります。

CPUを増設したり、メモリの記憶容量を増やしたり、さまざまです。

そして、それら能力向上のための手続きを検討することが「キャパシティプランニング」となります。

 

どのような手順を取るのかは、以下の通り。

  1. 現状の能力を把握する

  2. 将来的に必要となる能力を検討する

  3. リソース(ハードウェアやソフトウェア)の性能や個数を決定する

  4. リソースの調達や増強の計画を立てる

 

この流れに沿って設問の選択肢をあてはめていくと、答えは「イ」になります。

  1. 「ハードウェアの性能情報やシステム固有の環境」、つまり現状を把握する

  2. 「システムに求められる要件」、つまり将来的に必要となる能力を検討する

  3. 「必要なシステム構成の案」、つまりリソースの性能や個数を決定する

  4. 「適切なものかどうかを評価し、必要であれば見直す」、つまりリソースの調達や増強の計画を立てる

このように、「キャパシティプランニング」の手順さえ知っていれば簡単に解けてしまうんですね~

間違えたのが悔しい…

 

3. 8日目の総括

 

8日目の総括
キャパシティプランニングとは、新規・既存のシステムの能力向上のためのプランを立てること

 

4. おまけ(参考書)

「令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室」なら、初心者でもわかりやすく解説されています。

フォントは黒か緑で統一されているので、長時間読んでいても疲れにくいです

そして何より、見やすい!

参考書選びに迷っているなら、オススメです。

令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室

新品価格
¥1,848から
(2020/10/4 12:38時点)

コメント

PAGE TOP