【基本情報技術者試験・奮闘記】10日目(ハードウェア・シングルチップマイコン)

これは、1人の平凡学生が基本情報技術者試験(FE)合格を目指して一意奮闘するヒューマンドラマである。

 

事件は起こった。

2020年秋の基本情報技術者試験(FE)の開催が延期になったのだ。

延期が告知されたのは9月18日。

受験日までちょうど1カ月となった時だった。

 

あと1か月ということで、気持ちが引き締まってきた矢先にこれだ。

やはり、コロナの影響は計り知れない。

 

ただ、延期になったことで嬉しい面の方が大きい。

「受かる気がしなかったから、まだまだ勉強できる時間が取れる!」

 

そう、それまで私はFEの勉強をあまりしていなかったのだ。

参考書を1周だけして、「基本情報技術者試験ドットコム」の問題を10%解いただけ。

まったくの初心者が残り1カ月でこの程度しか勉強していないのだから、国家試験であるFEに合格できるわけもないだろう。

今回のFEの延期は、私にとって一筋の光になったのだ。

 

そして今、重い腰を上げ、再びFE合格を目指す。

 

FE合格のために用いる参考書・過去問題集
・ イメージ&クレバー方式 栢木先生の基本情報技術者教室
・ 基本情報技術者試験ドットコム

 

 

1. 10日目の達成度

10日目に解いた問題
過去問: 5 問 (ハードウェア)
正答率: 80 %

 

今日は「ハードウェア」に関する問題を解きました。

正答率は80%で、5問中4問正解。

久しぶりに「ハードウェア」の問題をやって80%なので、上々の出来でしょう。

 

2. 10日目のポイント(シングルチップマイコン)

single-chip-microcomputer
出典:平成22年度 春期 基本情報技術者試験 午前 問10

 

「シングルチップマイコン」をGoogle検索すると専門用語がずらり。

ROMとかRAM、CPUなど。

 

基本情報技術者試験に受かりたいなら、これらの用語も理解していなければなりません。

この記事を書いている時点でまだ合格していない自分が言える立場ではありませんが、それぐらいは分かります。

まあ、ROMとかRAMぐらいなら簡単ですよね。

 

簡単に「シングルチップマイコン」を説明するなら、

電子機器に組み込む小型のCPU

のことです。

 

CPUはコンピュータの頭脳のことなので、シングルチップマイコンは電子機器の頭脳と言えます。

 

ではなぜ、PCに搭載しているCPUじゃなくて、シングルチップマイコンを組み込むのか?

それは、それぞれの電子機器や家電製品を制御するのに特化したCPUがほしいから。

できるだけ効率的に機器を制御したいんですね。

 

PCのCPUは言わば「汎用型」で、色んな機能を持っています。

パソコンを購入してすぐにアプリを使えるのは、CPUがあるから。

 

しかし、炊飯器や自動販売機にPCと同じようなCPUを搭載しようとすると、無駄が多すぎるんです。

だから、それぞれの機器に特化したCPUを作るんですね。

 

さて、問題に戻りましょう。

上記の内容を踏まえると、選択肢は「エ」に限られます

なんで?

 

まず、「① PCのメインCPUに適している。」。

PCに搭載されているのがCPUです。

 

次に、「② ROMは内臓されているが、RAMは内臓されていない」。

炊飯器をイメージしてみてください。

炊飯を開始したり、炊飯時間の予約をするためにボタンを押しますよね(RAM)。

また、前回お米を炊いときの時間でもう一度炊きたい!っていう時がありますよね。その時、前回の時間が記憶されているはず(ROM)。

 

そして、「③ 高速処理システム又は大規模なシステムに適している」。

特定の機器に向いています。

 

最後に、「④ 入出力機能が内臓されている」。

そのとおり。

②で言った通り、炊飯時間の予約などを行うことができます。

 

よって、正解は「エ」。

3. 10日目の総括

 

10日目の総括
シングルチップマイコンは、特定の機器に特化したコンピュータシステム

 

4. おまけ(参考書)

「令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室」なら、今回ポイントだった「CPU・RAM・ROM」についてのわかりやすい解説が掲載されています。

フォントは黒か緑で統一されているので、長時間読んでいても疲れにくいです

そして何より、見やすい!

参考書選びに迷っているなら、オススメです。

令和02年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室

新品価格
¥1,848から
(2020/10/4 12:38時点)

 

コメント

PAGE TOP